【免疫】ストレスで低下する原因を追究【免疫を上げる3つの方法】

ads
健康

コロナウイルスによってたくさんの人が亡くなっています

非常に残念なニュースが続いています

sekinobuです

志村けんさんや、岡江久美子さんといった著名な方も亡くなっています

そのニュースの中で、「病気治療中のため免疫が下がっていたためウイルスに感染して病状が急激に悪化したのではないか」というようなコメントがありました

なんとなく、ああそうなんだ、と納得してしまう感じのコメントですが、免疫って何なのと思ったのでちょっと調べてみましたので気になる方はお付き合いください

免疫とは?

免疫とは人間の体を外部からやってくる異物から守るための防御システムです

様々なウイルスや病原体のような異物を体内で検知して、重篤な状態にならないように原因を駆除する機能です

免疫が低下していくと体は外部からの攻撃に耐えられず最終的にはウイルスに感染して死亡したり、がん細胞に侵されて死に至ったりします

今回コロナウイルスで亡くなる方の多くは基礎疾患があったり、病気治療中でした

がん細胞などが増殖してしまうと免疫がウイルスに対処できる限界を超えてしまいます

そのため病状が悪化することが多くなります

 

もっと一般的な病気風邪について考えてみましょう

風邪をひくのは免疫の低下が原因といわれています

もともと風邪の原因はウイルスといわれているのですが、ウイルスが体内に入ると誰でも風邪をひくのかというとそういうわけでもないですよね

免疫が下がっていると風邪をひく確率は高くはなるでしょうが、必ずしも罹患するとは言えません

免疫が高ければ多少のウイルスでは風邪をひくことはないようです

 

人体を守る大切な免疫ですが、人によって免疫の強さは違っています

一般的に乳児、高齢者は免疫が低いことが知られています

免疫が最高になるのは15歳から20歳にかけてで、以降は下降していきます

40歳ではピーク時の50%、70歳ではなんと10%に低下するという人もいます

コロナウイルスが高齢者に顕著な影響を与えるということは知られていますが、これは免疫の低下に大きく左右されているといえるでしょう

そして免疫が低下するのは加齢という要因も大きいのですが、そのほかにも免疫が低下する要因は多岐にわたりますので確認していきます

ストレスで低下する免疫力

免疫はストレスによって低下することが研究で分かっています

精神的ストレスなストレスと肉体的なストレスがありますが、どちらも免疫を低下させます

精神的なストレスは主に悩み不安から発生します

自律神経に影響を及ぼし免疫を低下させていきます

 

肉体的ストレスは、激しい運動、不快な身体的な不具合によって引き起こされます

アスリートは体を鍛えてストレスに強そうですが、ウイルスなどに対する免疫は低いようです

過度の運動はストレスとなり免疫を低下させることがわかっています

オーバートレーニングにより筋肉に炎症を起こすのを防ごうとして、体内では免疫を落とす働きが起こります

炎症に対して過敏に反応することなく、免疫を落として反応を抑え込むのです

そのため筋骨隆々とした運動選手ですが、風邪やインフルエンザなどというウイルスに一般的な人よりも過剰に反応してしまうという現象が起こるのです

免疫力を上げる3つの方法

というわけで本題です

加齢などによって低下する免疫ですがどうしたら免疫を保つことができるのでしょうか

免疫は加齢で低下しますが、努力によって低下することを防ぐことができます

ここで代表的な3つの方法を見ていきましょう

・適度な運動

適度な運動は体に筋肉をつけることができます

でも適度な運動っていうものは個人により差があると思います

これだけやればよい、というガイドラインも一応はあるのですが、運動に対する身体的強度は個人差があるので無理のない範囲で心地よくというところに落ち着くという感じかと。。。

 

適度な運動で、筋肉は発熱し体の熱量を高めます

体を温めることは体を活性化して血液を体内に循環させ、免疫システムを担う血液中の成分白血球を体の隅々まで届けるのに役立ちます

体を温めて血流を全身にくまなく巡らせるぐらいが適度な運動といえます

逆に過度な運動は炎症を起こしてしまうのでやはり適度な運動を心掛けたほうが良いです

・適度な睡眠

適度な睡眠も免疫を高めるのに有効です

睡眠により免疫に有益なホルモンが分泌されるのですが、睡眠時間が短いとホルモンの発生が不十分になってしまいます

睡眠不足が続くと免疫が落ち、風邪をひきやすくなるということは実体験として多くの人が納得できる事実でしょう

さらに睡眠時間の不足は自律神経の不調を引き起こします

自律神経には緊張をつかさどる交感神経と、リラックスを招く副交感神経があります

睡眠不足は交感神経を顕在化させてしまい、ストレスを強く感じるようになり、免疫の低下を引き起こすのです

そのため8時間前後の睡眠が推奨されています

しかしながら現代人で毎日8時間の睡眠時間を確保するのはなかなか難しいような気がします。。。

・栄養価の高い食事

食事は人間の体を作る根源ですので特に気を付けたいところです

質の高い食事は高たんぱく質、低脂肪を心掛けたいです

たんぱく質はメラトニンを作ってよい睡眠につながるということも言われていますがエビデンス不足なので深くは追及しません

ですがたんぱく質は筋肉を作りますので、良い睡眠につながることは間違いありません

研究により全粒穀物や緑茶を摂取することで免疫が高まることがわかっていますので積極的にとっていきたいです

そのほかの免疫を上げる要因

そのほかの要因についても軽く見ていきます

風呂に入る

風呂に入ることで体を温めて、免疫を高めることができます

シャワーではだめで風呂に使って血流をよくすることが大切です

湯船につかってリフレッシュすることで精神的なストレスを低下させ、免疫を高めることに役立ちます

寒いと免疫が下がるといわれますが、これは精神的なストレスが寒さによってひき起こされるのと、血流が悪くなるということが影響しているといえるでしょう

楽観的な考え方

楽観的な考え方、ポジティブな性格が免疫を高めるといわれています

笑顔を出すことで免疫も高まりますが、これには作り笑いも含まれるということなので、積極的に笑うことで免疫を高めることができそうです

エビデンスはありますがシステムは不明のようです

ですが効果があるのは実体験で感じた人も多いと思います

まとめ

免疫について調べたことをお知らせしました

・ストレスにより免疫が低下することがある

・免疫を高めるためには、運動、睡眠、栄養が大事

・風呂に入って体を温める、楽観的に考え笑うことも大事

ということです

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました