パラサイト 韓国の格差社会を表現 日本は格差社会?

ads
ショッピング

今年のアカデミー賞が発表されました

韓国映画の「パラサイト 半地下の家族」が作品賞ほか4部門を受賞しました

おめでとうございます

韓国の格差社会を描いたブラックコメディなようですが、これは韓国だけの問題なのでしょうか?

半地下で過ごす下層の人々

主人公たちは基本半地下で暮らしています

トイレの便器が変な位置にありますが、これは下水の逆流を防ぐためです

&

;

このシーンが下層の人々の心情を表していると思うんですよね

何があっても我関せず、ってそれが下層のアイデンティティのようですよね

格差社会の進む韓国の状況をよく表していると思います

格差社会はなくなる方向にあるんでしょうか?

格差社会はますます進む

格差社会はさらに進むと言われています

少数の富裕層が世界の金融資産のほとんどを独占しているといわれる現代

この流れはさらに加速していきます

ビッグデータを独占してさらに消費者のニーズをつかみ消費を促進して富の寡占化が進んでいくでしょう

さらに人工知能の発達により、単純作業が減りそこに従事している下層の人々は仕事さえ失っていく

多くの国で実施されている、もしくは実施を画策しているベーシックインカムが進んでいけば下層の人々はさらに下層に進み、最終的には無業者になってしまうのではないでしょうか?

もはや人間は働かなくてもいい時代に来ているのかもしれませんが、働かなくてもいいのではなく、働く場所が無い時代に足を踏み入れているのかもしれませんよ!

 

AIによって、とってかわられる仕事も出てきていますが、新しく生み出される仕事もあります

しかし新しい仕事にシフトしていけるのは、ある程度の職歴、訓練を受けられるだけの地位にいる人だけだと思います

新しい仕事に移りたいけれど、その余裕がない人々=下層の人々はいつまでたっても半地下を抜け出せなくなることでしょう

下層の半地下は世界共通の課題になっていく

現代社会はインターネットの発達によりグローバル化しています

発展途上国によって先進国の仕事が奪われる=資本がより安い労働力を求めて人件費の安い地域を求める、という動きは今後加速していくでしょう

そうすることにより、先進国の今まで中流と言われていた層が下層に流れていきます

今後もこの流れは続くことでしょう

私たちにできることはその時々で時流を見極めて、需要のある仕事に対応できる能力を身に着けることだと思います!



 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました