【減塩】カップ麺ておいしいの?疑問に答えます【おすすめ商品も紹介】みんな大好きカップヌードル

ads
ショッピング

この流れは止められねぇ

そんなかっこいいものではないですが、減塩への流れは止められないほど加速しています

sekinobuです

最近減塩の食品が流行っています

健康志向に合わせてたくさんの商品が出ていますが、今回はカップ麺に焦点を当てていきます

カップ麺は塩分が多い?

調べなくても常識だと思いますがカップ麺は塩分が多いです

一応確認しましょうか

https://www.nibiohn.go.jp/eiken/chosa/pdf/info20171113.pdf

国立開発研究法人・医薬基盤・健康・栄養研究所によれば日本人が食べる食品の中で塩分が多いものの第一位はカップ麺で一食あたり5.5gの塩分となっています

2位はインスタントラーメンで5.4gです

塩分の過剰摂取は高血圧になりますので注意したいところですね

 

いずれの数値もスープ込みになっていますので、スープを飲み干すのはやめたほうがよさそうです

でもどうしても食べたくなるのがこうしたカップ麺やインスタントラーメン

手軽に作ることができるので一日一食はこうしたカップ麺を食べる方も多いのではないでしょうか

しかしここまで塩分が多いと食べ続けることによる塩分の過剰摂取は免れません

厚生労働省の塩分摂取目標量は一日男性8g未満、女性7g未満、また体重によって差はあると思いますがおおむねその量なので普通にカップ麺を食べると一食で一日分の塩分摂取となってしまいます

どうせ食べるなら減塩カップ麺

でもどうしてもカップ麺食べたいという方に向けて日清食品から「カップヌードルソルトオフ」が出ていますので減塩志向の方はぜひこちらをどうぞ

従来製品では5.2gの塩分を3.2gにまで抑えています

カップヌードルは健康志向の方に向けての商品を従来から展開していますので、気になっている方もいるのではないでしょうか?

今回ソルトオフについて調べているのですが、健康に配慮したカップヌードルは多岐にわたっています

まず減塩志向の「ソルトオフ」

飲み口をすっきりさせ、麺の量を8割にした「あっさりおいしいカップヌードル」

こってりなのに糖質、脂質を約半分にした「コッテリーナイス」

いずれも塩分量を従来の製品よりも減らしています

 

ですが塩分を減らしてしまうと既存の味から変わってしまうことは否めません

ですがさすがはNo1カップラーメンブランド、塩分を減らした分はほかの成分を調整して満足できる仕上がりになっています

一例としては塩分を減らした「ソルトオフ」に入っている謎肉は、従来の製品よりも味が濃くなっているようで全体のバランスをとるのに重要な役割を果たしています

それ以外の商品も塩分などを減らした分のバランスをうまみ、コクなどでうまくまとめていて満足する仕上がりになっています

ただしこれらの健康志向カップヌードルはコンビニで見かけることはほぼありません

棚の数に制約があるので仕方ないですが、、、

購入に際しては、スーパーやアマゾンがおすすめです

まとめ

健康に気を使わなければいけないが、カップラーメンが食べたい!という場合はカップヌードルシリーズを選ぶとよいですよ!

・カップヌードルは種類が多いので選ぶ楽しみも

・健康志向の商品はコンビニには置いてない

という感じです

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました