【ジンタレ】おすすめのジンギスカンのタレ【自家製たれも】

ads
LIFE

ジンギスカンのタレって何使ってますか?

北海道では「ジンタレ」と呼ばれるジンギスカンのタレですが、市販のものでもかなり種類がありますよね

今回は市販のタレの紹介と、自分で作るたれのレシピを載せておきます

ぜひ自分の好みのものでジンギスカンを堪能してみてください

タレは生ラムジンギスカンに使うのです

ジンギスカンは大きく2種類に分けられます

あらかじめタレにつけ込んだ味つけジンギスカンと、下味をつけずに食べるときにタレにつける生ラムジンギスカンがあります

北海道では一般的には内陸部の方は味つけジンギスカン、沿岸部の方は生ラムジンギスカンを好む傾向があるようです

タレを使うのは基本的に生ラムジンギスカンになりますが、味つけジンギスカンにタレを付けてはいけないというルールもないようなのでそれはそれでアリですよ

味つけジンギスカンがお好きな方はこちらがおススメですが、タレでジンギスカンを楽しみたい方は読み進めてください!

市販のジンギスカンのタレ

ベル ジンギスカンのたれ 360ml

ジンギスカンのタレといえば真っ先に思い浮かべるのはベルですよね

北海道ではメジャーなベルのタレですが、私の地元静岡県ではなかなか見ることができません
通信販売ならば手に入りますがいかんせん送料が高いのでまとめて購入しておきたいところです
各種サイズがありますので使いやすいサイズを選んでください
北海道の皆さんは業務用が家にあるという噂を聞いてうらやましく思います
今でこそ北海道の郷土料理として定着しているジンギスカンですが、ベルのタレを発売した当時は過程でジンギスカンを食べる習慣がなく、最初のうちはタレと鉄鍋をセットにしていたそうです
現代のコーヒーメーカーのビジネスモデルの先駆けですね
小分けパックも便利です

ソラチ 特撰 成吉思汗(ジンギスカン)のたれ 430g

ベルのタレと人気を二分するするのがソラチのタレです
社名のソラチは北海道の行政区分の空知地方からとられています
名実ともに空知を代表する企業です

容量やバリエーション派生商品がたくさんありますので迷ってしまいますね

スタミナ 源たれ スタンダード

万能調味料「源たれ」です
料理全般に使えますがジンギスカンにもぴったりです
味はピリ辛です

GKS

今一番気になるのがこのGKSです
http://www.29notoyo.co.jp/GKS.html
まだ味わってません、スミマセン
GKSは「Genghis Khan Sauce(ジンギスカンソース)」の頭文字です
すべての素材を北海道産の食材で作ったソースということで、これに合う肉は北海道産の生ラムですよね

自家製のジンタレを作る

レシピサイトでは自家製ジンタレのつくり方が多数出ています

最も簡単なジンタレのつくり方は、焼肉のたれに醤油を同量混ぜる、というものです

【みんなが作ってる】 ジンギスカン タレのレシピ 【クックパッド】
ジンギスカン タレの簡単おいしいレシピ(作り方)が335品! 「遠野ジンギスカン」「ジンギスカンのタレ」「ジンギスカン タレ」「タレでサラダチキン」など

これだけでオリジナルの自家製ジンタレが出来上がります

とはいえいろいろと好みもありますのでこれをベースにアレンジしてみるのが良いですね

入れたほうが良いものとしては

・大根おろし
・玉ねぎみじんぎり
・はちみつ
・ニンニク
・しょうが

などがありました

お好みで入れてみるとオリジナルのタレでジンギスカンを楽しめますよ

源たれをベースにするのもよいかもしれません

まとめ

・ジンタレを使うのは生ラムジンギスカン

・ベルとソラチが2大巨頭

・自家製で作る場合はアレンジしてオリジナルを作ろう

という感じです

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました