【マスク着用】熱中症に注意【リスク管理と予防策】

ads
LIFE

今年の夏は熱中症に要注意です

sekinobuです

今年はコロナウイルスの影響で夏になってもマスクをつける機会が増えると思います

そのせいで例年以上に熱中症に気を付けなければならないようですが、実際のリスク管理と予防策について考えてみたいと思います

熱中症のメカニズム

なぜ人は熱中症になるのでしょうか

そのメカニズムを見ていきましょう

 

体内では常に産熱と放熱がおこなわれています

産熱とは熱を発生させること

放熱とは熱を体外に放出することです

このバランスをとることで体温を36度~37度に保っています

しかし運動をすることにより体内の温度が上昇したり、夏の暑さや照り返しなどで体内の温度が上がったりしたときに、体内の温度をうまく下げられないとがあるんですね

熱中症まではいかなくとも体が火照ってしまって体のだるさを覚えたことは誰でもあるのではないでしょうか?

これが進むと熱中症になる可能性があります

 

体温が上がると皮膚の近くを流れる血の量が増えたり、汗をかいたりして、体を冷やしやすくします

運動すると体が熱くなりますが、汗をかいて気化させることにより体温は下がります

しかし、汗をかいても水分を補給しないと脱水症状をおこし、これも熱中症のリスクを高めます

今年は熱中症が起きやすくなるリスクが高い

                                                             画像 アフロ

今年は熱中症によるリスクが高くなると予測されています

理由としてはコロナウイルスによる外出自粛と、予防のためのマスク着用です

まずは外出自粛による影響から

人間は暑さになれるため「暑熱順化」をおこないます

段々に夏の暑さに耐えられる体になっていくイメージです

最近は突然気温が上がってしまうイメージですが、冬から春を経て夏になっていく移り変わりの中で自然に体が暑さに慣れていきますよね

ところが今年はコロナウイルスの影響で外出自粛で暑熱順化がうまくいっていない人が増えるだろうと言われています

外出自粛で家にいることが求められていますのである程度仕方がないと思います

うまく汗をかけない体になってしまっているんですね、、、

暑熱順化できる体を作るには一日30分程度、やや暑いと感じる環境で運動をするといいようです

たとえば自転車に乗ったり、早歩き3分ゆっくり歩き3分を繰り返すことなどで汗をかきやすく体温を調整しやすい体にできますよ

 

そしてコロナ予防のためにマスクを着用していることでも熱中症リスクが高まります

これから夏になり暖かくなった空気を体内に取り込むことが増えていきます

単純にこれだけでも熱中症のリスクは高まりますが、マスクをしていることにより体内の熱い空気をうまく排出できない危険が増すことが予想されるからですね

冬であればありがたいマスクによる体の保温効果ですが、夏には逆にリスクとなることを注意しておくべきです

さらにマスクをしているとのどの中が湿っているので、体がのどの渇きに気づきにくくなります

そうすると水分補給のタイミングが遅れ、脱水症状の危険が高まることも注意しなければならないようです

年を取ると気温の変化に鈍くなります
高齢者が夏の暑い時期に冬の装いでいることがありますが、汗もかきにくくなり、気温の変化にも気が付かなくなりがちなので注意が必要です

必要に応じて冷房器具を適切に使うことが大切です

特に一人暮らしの高齢者は要注意ですよ

リスク管理と予防策

Business risk management of difference business people between a success and failure. vector

では熱中症へのリスク管理とコロナウイルスの予防策をどうしていけばいいのでしょうか

この点はバランスとケースバイケースでの対応が重要です

まず熱中症に対するリスク管理ですが基本的には涼しいところで過ごす、ということが大切です

うまく汗をかけないまま夏になってしまった場合、体温を下げる機能がうまく体内で働かない危険があります

例年でも5月から9月にかけては全国で7万人!が熱中症になります

今年はマスク着用でその危険がさらに高まることは確実です

高温になる場所を避けてクーラーなどを使って体の温度を上げない工夫をしていきましょう

 

そしてコロナウイルスに対する予防です

コロナウイルスの感染は飛沫感染が危険だということがエビデンスとしてわかってきました

マスクの着用は飛沫感染の危険があるとき、具体的には人と話すとき、人ごみの中を移動するときに限定すべきだと思います

特に猛暑の中で、マスク着用により熱中症になり、ただでさえひっ迫している医療リソースを無駄に消費することは避けていくべきと多くの医療関係者が伝えています

まとめ

・今年の夏は熱中症への注意がいつも以上に必要

・マスクはケースバイケースで使用する 使用することでのリスクもある

・水分補給と涼しいところで過ごすことを心がける

以上のことを注意して夏を乗り切りましょう

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

コメント

  1. […] 【マスク着用】熱中症に注意【リスク管理と予防策】今年はコロナウイルスが流行っていることで熱中症へのリスクが高まります。マスクをつけることで熱中症にかかりやすくなります […]

  2. […] 【マスク着用】熱中症に注意【リスク管理と予防策】今年はコロナウイルスが流行っていることで熱中症へのリスクが高まります。マスクをつけることで熱中症にかかりやすくなります […]

タイトルとURLをコピーしました